よくある質問2018

Q1:参加費は必要ですか
A1:登録、参加は無料です。運営費用、大会賞金は協賛企業様のご支援にて成り立っております。
 
Q2:参加は事前登録が必須ですか
A2:本大会はエントリー期間内(4/15~5/2)の事前登録が必須となります。
 
Q3:ビジネススクールの学生以外と参加する事は可能ですか
A3:チーム全員がビジネススクール・大学院(経営学にかかわる)学生であることが必須となります。
 
Q4:他大学との混成チームは可能ですか
A4:同じ大学内でのチームのみとなります。
 
Q5:大学院に入学したばかりの修士1年ですが、参加は可能ですか
A5:可能です。積極的な参加をお待ちしております。
 
Q6:異なる学年同士でのチーム編成は可能ですか
A6:可能です。
 
Q7:企業再生とイノベーションがテーマとなっていますが専門能力・資格(再生のスキーム等)は必要ですか
A7:特別な資格は必要ありません。ビジネススクールで学習している総合力で対応可能だと考えております。
 
Q8:登録後のメンバー変更は可能でしょうか

A8:締め切り後のメンバー変更は不可となります。

 
Q9:昨年度のケース・回答を頂くことはできますか

A9:2012年度以降のケースは「過去の大会-過去の資料」からダウンロード可能です。また2011年度は「東北製造加工株式会社」、2010年度は「ホーミー豊田」という名称にて慶應ビジネススクールで教材として販売しています。過去の大会-2015年度ではグランドファイナル出場の5チームについて回答を配布しております。審査員の講評は「過去の大会」からご覧になれます。

 
Q10:大会の雰囲気を知るための資料などはありますか
A10:「過去の大会-写真集から過去の本選の様子をご覧いただける他、Facebookでも大会の様子を掲載しています。
 
Q11:ケースに記載されている内容のみで回答すれば良いのでしょうか
A11:ケースの内容のみという制限はございません。必要な情報は出典を明記してご使用下さい。
 
Q12:5月5日(水)にケース配布とありますが、何時頃配られますか

A12:昼以降に本HPにて公開を予定しています

 
 Q13:大会参加者は株式会社ユーザベースの分析ツール「SPEEDA」を利用できると聞きました。利用料金はいくらですか?また、いつから利用できますか?

A13:エントリー開始時に参加チームごとにお申し込みください。「SPEEDA」のアカウント利用は5月10日頃から5月25日(予選資料提出期限)の間に限り、無料でご利用いただけます。尚、アカウントの利用開始は5月10日ごろを予定しておりますが、手続きによっては前後致しますのでご了承ください。